RSS | ATOM | SEARCH
プロ野球 グレイテストナイン 97 (セガサターン) について。
うーん...。 

あ〜...。

何だかなぁ〜...。

あぁ〜あ...。

最近のタイガースは何と点の入らない事...。何だかなぁ〜...。

メンバー自体は結構豪華な布陣!鳥谷、平野、マートン、新井、ブラゼル、城島、金本。

控えには関本、林、桧山。ピッチャーだって悪くない。先発がもう少し欲しい気がするがちゃんと実績充分!の選手がいる。

ちょっと高齢感は気になるがまだまだ新井、鳥谷、平野、ブラゼルはもっとやらなアカン!!!

いっその事、林・桜井=横浜の村田か西武のおかわり君、中村のトレードなんてどうかなぁ〜?

新井の守備はちょっと...見てられない時があるんでねぇ〜。

出来ないんであったら二人共、もういい年なんだからもっと頑張って欲しい!西武の若手はホントに見てて頼もしい!中心選手は生え抜きなのがホントに羨ましい!頑張れ!林!桜井!


てな訳で前置きが長くなってしまったが現実のタイガースが調子悪い...ならゲームで憂さ晴らししよう!と昔のゲームをやってみた!今回は プロ野球 グレイテストナイン 97 を紹介しましょう!




















しかし...古いな。(^○^)

どうも今のゲームを買う気にならないので(ハマってしまって抜け出せなさそう...)早速はじめて見た。

懐かしいタイガースのメンバーがズラリ!メンバー表を見て、テコ入れを始めた。

まず1軍の投手陣が手薄そうなので全員上げた。現実に活躍せんかった野手をファームに落とし亀山、長嶋清幸、八木、平塚を代打陣にリザーブして代走要員に田中秀太、野手の控えに萩原誠!(知ってる人はかなりにマニア!かな?)

キャッチャーの控えにロッテから移籍して来た定詰をベンチに入れた。

ホームランモードで選手の打力を判断しこんなメンバーを並べてみた。

1番 サード      今岡
2番 セカンド     和田
3番 レフト      桧山
4番 ライト     グリーンウェル
5番 ファースト     ハイアット
6番 センター     新庄
7番 キャッチャー     関川
8番 ショート     久慈

てなメンバー。先発は藪、川尻、船木、山崎、湯舟。

中継ぎには葛西、郭李。8回には田村、抑えにエースには古溝を抜擢した!

懐かしい〜!!! 何から話せば良いだろう。まずはスターティングメンバー、今岡は足は普通でも打力が良い!のでトップ。和田はバントでも右打ちでも器用にこなすので2番。

3番は迷ったけど長打を期待したい気持ちと新庄よりヒットが見込めるので。

4番は、あのマイク・グリーンウェル!


























メジャーの実績充分のフレコミで当時の年俸3億円でやって来た史上最悪の助っ人!(多分日本球界1の給料泥棒!)阪神ファンなら有名だがあの「神のお告げ」男である!

詳しくは ↓ 。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%AB

これが下調べなしの出演だから、よぅ打つ打つ!右に左にホームラン連発!してくれるのだ!

甘い球ならヒットも打てるしゲームの中では充分4番の働きをしてくれる、どうも複雑な気分にさせる男だ!そして足もそこそこ速い!


そして5番はフィル・ハイアット!
















これが長打力はグリーンウェル以上!現実のホームランも11本だから間違えてはいないのかもしれないが?2塁打や長打もそこそこ打てる!だけど現実では ↑ の記録...。(トホホ)

6番は期待を込めて将来のクリーンナップに成長して欲しい意味を込めて新庄!これも良い選択だ!大抵はハイアットでランナーを返せるのだが後ろに新庄が居たら最後のダメ押しを押せるのだ!

7・8番はあわよくばの関川・久慈。このどちらかがランナーに出たら9番に代打。

平塚・長嶋・八木のいずれかでエンドラン!ランナーを返す戦法が大黒監督のお家芸だ!

先発も現実とは違いこの5本柱が大活躍!藪、川尻、山崎、湯舟が防御率が0点台!!!湯舟がノーヒットノーランをやってのけるのは現実と同じか?

勿論ピンチになれば葛西が入り8回、田村 - 9回、古溝のサウスポーコンビは最強!

JFKの上を行くKTFなのだ!!! (何にも掛かって無い...。)

当初は田村を最後に考えてたがどうもスタミナ切れがしてきて古溝を先に使うと信頼出来るリリーフがもういなくなってしまうのだ!田村より球数放れる古溝を自分は抑えに決めました!


フタを開ければ全勝!0敗、断トツの優勝だ!当時の12年振りの日本シリーズはリベンジ相手、前回も対戦した西武ライオンズだ!

清原がFAで退団後に松井稼頭央、マルティネス、鈴木健を中心とした繋ぎの打線。

だが!このタイガース相手では勝負にならない!4戦連続の完封リレー!4試合共10点以上取っての完璧な勝ち方をしたのだ!

MVPは最後の試合、満塁ホームランを打ったグリーンウェルが獲得。圧倒的なチームに成長したのだ!!!


ハァ〜...だけど虚しい...。

でもゲームでのタイガースの方がよく打つ!結構楽しい!現実もこうなって欲しいモンです...。

たまにはゲームも良いモンです v(^-^)


最後に現実のマイク・グリーンウェルの雄姿?をどうぞ...。



author:Yasushi O.guro, category:-, 18:26
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://baseball.yasushio.com/trackback/19