RSS | ATOM | SEARCH
エディ・マレーとブルース・スーター 1984年辺り〜
優勝する前の阪神タイガースは見どころがあんまり無かった様な〜とにかく大洋(当時のベイスターズ)ヤクルトには割と勝った印象が有るが、他のチームのエース級が出て来たら...シュン太郎も良いトコだった覚えがある。

大洋も遠藤⇒斎藤のリレーになれば打たんは勝たんは...ヤクルトは新人の高野VS阪神・池田の対決は見物やったなぁ〜。

当時のヤクルトは個性派が多かった。梶間のフォームが面白かったし、八重樫の打撃フォームも面白かった。杉浦のフォームはカッコ良かったし、尾花の投球フォームは何だか新体操みたいだった(笑)

前置きはその辺で、当時やっぱり手強いチームは広島カープだった!衣笠、山本浩二が打ちまくってたし、高橋、山崎、木下、長嶋がヤラシイ感じで、山根、北別府、大野、川口!これは今から考えてもピッチャー良かった!(個人的には練習熱心な長内を応援してた!小早川、池田との新人王争いは悔しかったなぁ〜)

その年の暮れ阪急ブレーブスとの日本シリーズに勝ったカープは球場は忘れたけど日米野球に出てた。今はWBCなんてのがあって、この日米野球の価値も無くなり国際野球の立場になっても充分日本は強いけど、その当時はとてもじゃないけど大リーグの選手はエグかった!

パワーは勿論、観光目当てで来日してるのにやる試合は全部ボロ負けだった...。その中でもメジャーのスター選手で覚えてるのがエディ・マレーと言う選手。その当時の本を読んで見たら14試合やって9本もホームランを打たれたらしい!両方とも親善試合みたいなモンかも知れないが当時はそれ位、日本とメジャーは大人と子供の差があった!詳しくはhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%AC%E3%83%BC


 























中でも初戦の川口の完封は嬉しかった!覚えがある。メジャーの監督もインタビューで「今日の川口は素晴らしかった!」と言わせる程やったなぁ〜。

しかし!それは初戦だけこっちに花を持たせてくれただけで後はボロボロにやられた印象がある...。

第一体格も違うかったし当時日本の最強はブーマーやったのにブーマーには悪いけどマレーはモノが違ってた。選手のインタビューは買い物の話題とかで舐められてる感が悔しかったなぁ〜。(それは今も変わらんかね?)

他には当時サンテレビのナイターが早く終わったor 雨の時には、それはそれで楽しみがあって、メジャーの試合の中継が有ったんよ。(珍プレーもサンテレビでメジャーから先に観た様な...?)

その中でも覚えてるのがカージナルスのストッパー、ブルース・スーター!名前もインパクト有るけど顔中ヒゲだらけで投げれば最強だった記憶があるで!詳しくはhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC




















野球選手のヒゲと言えば斎藤明夫と屋敷要のおしゃれヒゲ?みたいな感じは見た事あるけどこんなモップみたいなヒゲはインパクト凄かった!当時バースいたと思うがここまで凄くなかった記憶あるんやけど...?後でロリー・フィンガース見たらもっと強烈やったなぁ〜。

昔、野球の本をよくオカンに買って貰った記憶が有るがその監修によく載ってたのが宇佐美徹也さんで今はインターネットが有るからすぐ調べれるけど宇佐美さんの文章は今見ても細かく、中々面白い!初代野球博士みたいなもんかね?いずれは殿堂入りしてもいいのんちゃうん?

終わり。




author:Yasushi O.guro, category:-, 16:07
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://baseball.yasushio.com/trackback/2