RSS | ATOM | SEARCH
優勝しなくなった阪神タイガース。
最近良く思う事がある。

2005年優勝したっきりタイガースは、Aクラス、プレーオフには進むけど1位でゴール!はしなくなった...。

強くはなったし補強も活発でそこそこ良い結果を出していると思う。

じゃぁ何故優勝出来なくなったのか?自分の考えを含めて書きたいと思う。


 
2008年のシーズン、これが最近、最も優勝に手が届いていた年だったと思う。

2位の巨人に最大13ゲームの差を付けながら終盤に引っ繰り返されたメーク・レジェンドと言う悔しいシーズンだ!

この年のプレーオフ第一ステージ最後の試合。(10 / 20) 0対0の9回。延長を迎えていた直前、タイガースは藤川、バッターは中日ウッズの場面。

藤川はこれでもか!のストレート一本槍!でウッズを追い込んでいた。フルカウントの6球目をウッズは大阪ドームのバックスクリーンにホームランを叩き込んだ!




















ファンの自分としても藤川なら納得いく勝負だったけど、同じ違う思いもよぎった。

タイガースに理不尽なトレードでやって来た小林繁の以前のインタビューを思い出した。

「ジャイアンツは組織、タイガースは個人の力の集合体」この言葉の裏にはジャイアンツは勝つ!という名目に個人の気持ちや情なんか存在しないのだ!

一方、タイガースは「これでエエねん!」と言う浪花節の様な優しい気持ちが出てしまう。(自分も含めて)

この試合を西武ライオンズの黄金時代の監督だった名将、森祇晶が噛み付いていた。

「あの場面でストレート一本槍でいくら男の勝負か知らないけど、あれでは絶対ダメだ!」

自分もその通りだと思う。確かに真っ向勝負!は見ていてホントに気持ちが良い!

それで抑えれば無敵の称号を得れて誰もが恐れるタイガース!または藤川!となる筈だ!

だがあの場面では抑える事が目的なので、ウッズをおちょくって、変化球などでかわしても反則でも無いし何も問題無かったのだ。
























岡田監督の最後の試合となったこの場面で藤川に「お前で終われて良かったよ。」と伝えたらしい。

確かに素晴らしい言葉だ!この試合は自分もとても感動した!だがこれの辺りからタイガースは優勝おろか短期決戦で競り勝った!記憶が無い。

代わりにセリーグの優勝は落合監督のドラゴンズが常に掻っ攫う(かっさらう)結果になってしまった。

勿論ジャイアンツも強いがタイガースファンの自分としてはドラゴンズの方がやっぱり点が取れない試合が多く不気味なチームだ。
























落合監督の勝負に掛ける「らしさ」を感じた試合があった。

2007年11月1日の王手が掛かった日本シリーズ第5戦での采配だ。

山井とダルビッシュの投げ合いで1対0とリードしてた試合。このゲームで先発していた山井は何と8回までパーフェクトゲーム、勿論9回もマウンドに上がると誰もが期待していた最終回、落合監督はストッパーの岩瀬に交代させたのだ!

これはこの試合終了後からかなり賛否両論だった。そのほとんどが落合監督の批判が中心だったと思う。
詳しくは ↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/2007%E5%B9%B4%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E5%AE%8C%E5%85%A8%E8%A9%A6%E5%90%88%E7%9B%AE%E5%89%8D%E3%81%AE%E7%B6%99%E6%8A%95

だがこの試合を勝ったドラゴンズは53年ぶりに日本一となり常に優勝を狙える強豪チームに今も変わらずなっている。

この試合を見てた自分は勿論、パーフェクトのまま締めた岩瀬も凄いが落合監督の勝負に掛ける恐さ(冷徹さ)を感じた。

やっぱり勝負に浪花節の様な情があっては駄目やねん!監督はチームを勝つ!優勝させるために雇われてるポジションであって、良い勝負を見せるために雇われてるんじゃない!

かなり厳しい意見でそんなチームにタイガースがなって欲しいか?と言われたら...自分も困ってしまうんだが...。

2005年のシーズンを振り返ってみてあの年のメンバーは今より打線は迫力無いかも知れないが勝負強いバッターが沢山いた様な気がする。(赤星、鳥谷、シーツ、金本、今岡、藤本、矢野。控えに関本、中村豊、桧山、浜中)

ピッチャーだってJFKを中心にまだまだ年齢も伸び盛りだったと思う。




















この年と比べて現在のタイガースは強いチームになってるか?と言われたら「なっている!」とは悪いけど言えない。補う様な形の補強が中心で何とか今の地位を保ってる印象がする。

レギュラーメンバーの年齢の高いしココが今のタイガースの泣き所だと思う。

どこを切っ掛けにドラゴンズと差が付いてしまったのは色んな意見があると思うが結果として
差が付いてしまった決定的な場面はここじゃぁなかったのかなぁ〜?と自分は思うがどうでしょうか?

それでもタイガースは大好き!だし毎年期待してるんだが...。


最後に自分が明暗を分けた!2試合を見て欲しいと思う。まずは藤川VSウッズ。



そして落合監督があの場面を語ったドキュメンタリー。



author:Yasushi O.guro, category:-, 20:24
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://baseball.yasushio.com/trackback/20